有料化の買物袋

こんにちは!!!

 

peachです

 

最近はお買い物に行くときには、必ずエコバッグ

これが定着してきましたね。

 

2020年7月1日より買物袋有料化に伴い、

エコバックを持って買物する方も非常に多く

見られるようになりましたよね。

 

そんな中、お店によっては無料で今まで通り

買物袋について入れてくれるところも。

 

なぜ?!

 

なんて思いませんか??

 

ちょうど、有料化になる日を前におみやげ屋さんで

お菓子などを複数買い、お土産袋の話をレジを

してくれていた店員さんとお話。

 

大変ですよね、レジ袋、おみやげにつけれないって

店側からしても、どうしますか?って聞きにくい

ですよねー!付けてよってゆわれちゃうと。

 

そんな会話をしたところ、でも、これ無料提供すると罰則があるんですよ。っていわれて、えっ?!

ってなりました。

 

では、無料で現在も使用されている袋は??

 

実は、バイオマスプラスチック25%以上配合された袋であれば、無料で提供できるんですって。

 

たとえば、ファッションセンターしまむら。

現に、買いものしたものは袋詰めしてくれます。

そして、買物袋1枚1円で回収もされてます。

 

エコなことを考えるなら、これが必要なんじゃ

ないのかなぁ?と。

さらに、そのバイオマスプラスチック、環境にも

優しいのかと思うとすべてがそうではないようです。

 

バイオマスプラスチックには、非生分解性と

生分解性とあるようです。

 

非生分解性のバイオマスプラスチックは、

従来のプラスチックの代替として使えるのでレジ袋などの日用品や電化製品など様々な用途に使われて

いますが、実は自然環境で分解されることはないので、ゴミとなれば半永久的に自然界に残ってしまうんですって。

 

焼却しない限り残るということは、海の近くなどに

埋め立てられると、海に流されたりし、海の生物へ

影響を及ぼしたり、環境汚染にも繋がりますね。

 

袋有料化するよりも生分解性の袋利用に

国がもっと力を入れて変えていかないと

私達が過ごす世界が汚染され、地球が悲鳴を

上げ続けることになるのではないでしょうか?!

 

豊かに便利になる分、ごみ問題は私達の課題と

なるでしょうね。

 

 

新しい美のマッチングプラットフォーム

トップページ

Follow me!

コメントを残す

前の記事

旅のかたち

次の記事

秋から冬にかけて