大阪のシンボル

こんにちは!!!

 

peachです

 

『大阪万博』

最近は、この情報配信が

増えてきましたね。

 

前回の大阪万博が1970年。

もちろん私も生まれていませんが、

関西のシンボル的な【太陽の塔】

誰もが一度は目にしたことがあるでしょう。

 

小さい頃にあれを見て、なぜか怖いと思ったことを

思い出しました

 

では、【太陽の塔】とは、

日本万国博覧会のシンボルゾーンにテーマ館と

して、母の塔・青春の塔・大屋根とともに

作られたもの。

 

4つの顔を持つ太陽の塔とあります。

 

正面の一番上にきらきら輝く

“黄金の顔”

その下の中央部に

“太陽の顔”

裏に周り描かれているのが

“黒い太陽”

 

そうなんです、顔が3つ。

4つ?!

 

“地底の太陽”

博物会当時のちか展示室に「地底の太陽」と

言われるものが展示されていたそうです。

高さ3メートル、全長約11メートルの巨大な

展示物が実は会場撤去作業から50年近く経った

今も行方がわからなっているとか

 

現在昨年から再度公開になっていますが、

地底の太陽は、今も行方がわからず

職人さんが当時の写真を元に再現して作られた

ものが設置されているそうです。

 

20世紀少年の映画で何度も出てくる

太陽の塔

インパクトも不気味さも迫力満点ですよね。

 

来る2025年の次の大阪万博では、どんな

シンボルが出てくるんでしょうね!!!

 

今から楽しみで仕方がない私なのでした。

 

新しい美のマッチングプラットフォーム

トップページ

 

 

Follow me!

コメントを残す

前の記事

休みの過ごし方